川崎で交通事故に強い弁護士への相談 | 川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

後遺障害診断書について

1 後遺障害診断書の重要性

症状固定を迎えると、後遺障害の等級認定を受けるために、主治医に後遺障害診断書の作成を依頼することになります。
後遺障害等級の認定は基本的に書面審査で、その書類の中でも後遺障害診断書は最も重要です。後遺障害等級によって後遺障害逸失利益や後遺障害慰謝料といった賠償額の中でも大きなウェイトを占める損害項目の金額が左右されますが、後遺障害等級の獲得は、後遺障害診断書の内容もかかっているといっても過言ではありません。
なお、川崎ひかり法律事務所では、後遺障害の内容によっては、病院に付き添って主治医に説明をするなどして後遺障害診断書の作成段階から関わることで、後遺障害等級獲得に向けた活動をすることも可能です。

2 後遺障害診断書作成のポイント

後遺障害診断書は主治医が記載するもので、被害者本人が書くことはできません。ところが、医師は書類作成が業務のメインではないため、後遺障害診断書の記載内容が不十分となっているケースが散見されます。
後遺障害診断書の記載内容が不十分だと、書かれていないものは後遺症がないものとして扱われるため、適正な認定を受けることができなくなってしまいます。
また、後遺障害等級認定のための必要な専門的検査を受けていない場合も同じで、そのような専門的検査の結果が存在しないものとして認定されてしまいます。
このように、後遺障害診断書を作成する際には、主治医に任せて記載してもらうという受け身の姿勢ではなく、記載内容や必要な検査に不備がないように慎重にチェックしたり、より記載内容を充実させるといった積極的な姿勢がポイントになるといえます。

① 自覚症状・他覚所見をしっかり書いてもらいましょう

自覚症状は被害者本人しか分からないので、主治医へ正確かつ具体的に伝えて、記載してもらってください。たとえば、どの部位(首や膝など)にどのような症状(痛みやしびれなど)があってどのようなことができないのか(階段を上ったときに右膝に鋭い痛みが出る、数キロ以上の重い荷物を右手で持ったときに右肩の関節がしびれるなど)、ということです。具体的に症状を伝えるだけでなく、後遺障害診断書に具体的に記載してもらわないと意味がありませんので、注意が必要です。他覚所見は自覚症状を根拠づけるものですので、必要な検査をきっちり受けて、その結果を詳しく記載してもらいましょう。画像所見がある場合は、どの箇所にどのような異常が認められるか明記してもらうことが大事です。検査によっては、検査結果資料を添付しなければいけない場合もありますので、注意が必要です。

② 可動域制限は正確に計測してもらいましょう

可動域制限がある場合、可動域の角度によって後遺障害等級の判断が分かれます。そのため、可動域の計測は機器を使用して正確に行うことが重要です。医師によっては目測で記載されることもありますので、ご注意ください。

③ 記載漏れがないか確認しましょう

後遺障害診断書に記載のないものは後遺症がないとして扱われます。また、明らかな記載漏れがあっても、自賠責損害調査事務所はそれを指摘してくれることもないので、その不利益は被害者が受けることになります。
後遺障害診断書に記載漏れがないかチェックする必要があります。

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら