川崎で交通事故に強い弁護士への相談 | 川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

交通事故に遭って車が使えなくなりました。レンタカー代って支払ってもらえるんですか?

1 レンタカー代は支払ってもらえる? 交通事故に遭ってしまい,その時乗車していた自動車が破損してしまった場合,レンタカー(代車)を使わざるを得ないときがあります。事前に保険会社がレンタカー代を出すことを約束してくれた場合は,問題はありませんが,保険会社がレンタカー代を出すことを約束してくれない場合,自前でレンタカーを準備し,保険会社と交渉しなければいけません。 その場合,どうしたらレンタカー代を保険会社が支払ってくれる...

車両損害の落とし穴

1 はじめに 交通事故により,車両が損傷を受けた場合,その損害額はいくらでしょうか?  実は,ここにはいくつかの落とし穴があるんです。 2 修理が可能な場合 原則として,修理費が損害額となることは言うまでもありません。 3 全損の場合   では,車両が修理不可能なほど大破してしまった場合はどうでしょうか? この場合,車両の時価が損害額となります。修理不可能なほど大破してしまった場合を「全損」と言いますが,全損には,...

あなたが運転していなかったのに賠償額が減額される!?「被害者側の過失」・「好意同乗減額」って何?

1 あなたが運転していなかったのに賠償額が減額される!? 交通事故の場合,交通事故の加害者が一方的に悪いというケースは少なく,被害者にも一定程度の過失がある場合がほとんどです。この場合,「過失相殺」といって,あなたが受けた損害の賠償額の一部が減額されることになります(民法722条2項)。 運転をしていた自分にも悪いところがあって減額されるのは納得しやすいでしょうが,あなたが運転していなくても賠償額が減額される場合がある...

後遺障害等級を獲得するためのポイント

1 後遺障害等級とは? 交通事故の被害に遭った場合には様々な怪我を負います。もちろん、怪我を治療するためにまずは治療に専念していただいて、治療の結果として完治することが一番です。しかし、残念ながら、治療に専念したにもかかわらず怪我が完治せず、後遺症が残ってしまうケースも多々あります。このように、十分な治療を行った結果、それでも残ってしまう後遺症の種類や程度に応じて認定されるのが「後遺障害等級」です。 例えば、骨が変更し...

裁判官も悩む,高次脳機能障害の等級認定について

1 高次脳機能障害は外部から分かりにくい 交通事故によって脳が損傷すると,認知や言語,情動・人格などの能力である「高次脳機能」に障害が生じ,「うまく言葉にできない」,「なかなか覚えられない」,「怒りっぽくなる」等,さまざまな症状が出ることがあります。これらを総称したのが「高次脳機能障害」です。 高次脳機能障害になった場合の障害等級は,1級,2級,3級,5級,7級,9級に分類されます。このうち,5級,7級,9級の基準は,...

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら