川崎で交通事故に強い弁護士への相談 | 川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

人身傷害保険の有効な活用を!

1 過失相殺

 

交通事故の被害に遭った場合でも,加害者の過失が100%ということは少なく,

 

被害者側にも一定の過失が認められることが多いです。

 

例えば,

 

被害者に発生した損害が100万円,

 

加害者側の過失8割,

 

被害者側の過失2割というケースだと,

 

被害者は加害者に対して100万円の8割である80万円しか損害賠償を請求することができません。

 

これを「過失相殺」と言います。

2 過失相殺の判断基準

 

では,過失相殺における過失割合ってどうやって決めるんでしょう。

これについては,

 

「別冊判例タイムズ38 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準 全訂5版」

 

という東京地裁(民事交通訴訟研究会)が編集した権威ある本があり,裁判実務はこれに従っています。

この本は,事故の類型ごとに過失割合を明示しております。

概ね,妥当な数値を示していると言えますが,

 

例えば,道路外から道路に進入するために左折してきた四輪車と自分が運転する四輪車が衝突した場合でも,

 

基本的には自分にも2割の過失が発生します。

 

筆者もヘビードライバーですが,脇から出てきて衝突したのに,

 

何でこっちに2割も過失があるの???

 

と言いたくなります。

 

3 人身傷害保険の活用

 

そこで,活用すべきは人身傷害保険です。

人身傷害保険とは,

 

記名被保険者およびその家族が,

 

契約の車等に搭乗中や歩行中などの自動車事故で死傷した場合に、

 

保険金が払われる保険で,

 

事故の際の過失割合に関わらず,人身傷害保険の基準で計算した保険金が支払われる保険です。

 

 

すなわち,自分に過失があっても,減額されることなく,一定の金額がもらえる保険なのです。

 

しかも,歩行中でももらえるんです。いい保険ですよね。

 

4 人身傷害保険のココがすごい!

 

さらに,この人身傷害保険のすごいところは,

 

人身傷害保険から支払われたお金は,

 

自分の過失分に充当されるところなんです(最判平成24年2月20日参照)。

 

どういうことかと言うと,先の事案で,人身傷害保険から50万円の給付を受けたとします。

 

この20万円は,先に被害者の過失2割に充当されますから,

 

被害者の方は,20万円を回収しているにもかかわらず,

 

さらに,加害者側の保険会社から,100万円-20万円=80万円を回収できる

 

ということになります。

 

そして,人身傷害保険の20万円と加害者側の保険80万円を併せて100万円となり,

 

見事,損害全額を回収した!となるのです。

 

但し,人身傷害保険の活用により回収できるのは,損害全額までで,

 

それ以上にもらえるというわけではありませんので,この点ご注意下さい。

 

5 人身傷害保険は「特約」

 

そんなこと言われても,人身傷害保険なんて入ってないよ~!

 

という方もいらっしゃると思います。

 

でも,本当ですか???人身傷害保険は自動車保険の特約なのです。

 

しかも,人身傷害保険の付保率は,今や70%を超えています。

 

自動車保険に加入する際に,気付かないうちに入っていることが多いのです。

 

人身傷害保険に加入しているかどうかわからない人は是非,保険会社に確認してみて下さい。

 

その他のコラム

車両損害の落とし穴

1 はじめに 交通事故により,車両が損傷を受けた場合,その損害額はいくらでしょうか?  実は,ここにはいくつかの落とし穴があるんです。 2 修理が可能な場合 原則として,修理費が損害額となることは言うまでもありません。 3 全損の場合   では,車両が修理不可能なほど大破してしまった場合はどうでしょうか? この場合,車両の時価が損害額となります。修理不可能なほど大破してしまった場合を「全損」と言いますが,全損には,...

後遺障害等級を獲得するためのポイント

1 後遺障害等級とは? 交通事故の被害に遭った場合には様々な怪我を負います。もちろん、怪我を治療するためにまずは治療に専念していただいて、治療の結果として完治することが一番です。しかし、残念ながら、治療に専念したにもかかわらず怪我が完治せず、後遺症が残ってしまうケースも多々あります。このように、十分な治療を行った結果、それでも残ってしまう後遺症の種類や程度に応じて認定されるのが「後遺障害等級」です。 例えば、骨が変更し...

どのような場合に弁護士に依頼するといいの?弁護士に依頼するときのポイントとは?

はじめに 交通事故で怪我をした場合には、誰に言われなくても、治療のためにまず病院に通うと思います。そして、治療費のことで加害者側の保険会社の担当者と連絡をとって手続を進めることになるでしょう。お互いに怪我をしなかった場合には、通院や治療費の支払いの問題は出てきませんが、車両の修理費用に関するやりとりを加害者側の保険会社を通じて行うことが一般的です。このような大まかな流れについては、多くの交通事故のケースでは同じでしょう。 ...

慰謝料ってどうやって決まる?普通より増額してもらえる場合とは(慰謝料増額事由)?

慰謝料とは まずそもそも慰謝料とはどのようなものかについてですが、被った精神的被害に対する損害賠償であり、その本質は、損害の填補と言われています。 これはどういうことかといいますと、損害について十分かつ詳細な証明がなされてはいないものの、相応の損害があったことは確かであるとの立証ができたものについて、これが評価されて「慰謝料」という項目の中に事実上組み込まれて判断されることがあるとされています。 慰謝料算定の際の考慮事由...

ここがおかしい死亡事故における逸失利益【導入編】

1.死亡による逸失利益とは 死亡事故における被害者は,死亡することにより,今後働いて収入を得ることができなくなるわけですから,死亡事故においては,その得られなくなった収入が損害となります。 これを「死亡による逸失利益」といいます。 2.逸失利益の算定方法(18歳以上の有職者または就労可能者) 18歳以上で,働いている人または働くことができる人の逸失利益の計算方式は下記のとおりです。 基礎収入額×(1-生活費控除率)×...

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら