川崎で交通事故に強い弁護士への相談 | 川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

ここがおかしい死亡事故における逸失利益【基礎収入編】

1 基礎収入とは

基礎収入とは,逸失利益を算定する際の基準となる収入のことをいいます。では,基礎収入はどのように認定されるのか。立場ごとに見ていきましょう。

2 有職者

 ⑴ 給与所得者

原則として事故前の収入が基礎収入となります。ただし,何らかの事情により,平均賃金を下回っているけど,実際は平均賃金をもらえるんだ!というような事情がある場合には,平均賃金で算出されることもあります。

 ⑵ 事業所得者

原則として確定申告の総収入額から固定経費を除く経費を控除した金額が基礎となります。ただし,申告所得額と実収入額が違う場合には,実収入額を立証すれば,これが基礎となります。とは言え,裁判所では,少ない金額で申告するのは脱税ではないか!けしからん!という発想が根強く,立証には気を遣うことが多いです。

 ⑶ 会社役員

会社役員の報酬は,労務提供の対価部分と利益配当の実質をもつ部分とに分けて考えます。前者は,死亡による逸失利益と言えるけど,後者は,死亡で失うものではないよねという発想です。前者と後者の区別は難しく,争いになることが多いですが,筆者の経験上,割合で認定されることが多いように思えます。

3 家事従事者

専業の場合,女性労働者の全年齢平均賃金を基礎とします。兼業の場合には,実収入と平均賃金の高い方が基準となります。「女性労働者の平均賃金」を使うあたりが,いまだ家事は女性がするものという思想があるようで違和感を覚えますね。

4 無職者

 ⑴ 学生・生徒等

男女別平均賃金となります。ここにも男女差が・・・

 ⑵ 失業者

働く能力と働く意欲があれば,失業前の収入が参考とされます。失業前の収入が平均賃金以下の場合でも,平均賃金を基礎とすることがあるのも,給与所得者と同様です。

 ⑶ 高齢者

働ける可能性があれば,年齢別平均賃金を基礎とします。年金収入について,逸失利益にあたるかは,判例が肯定・否定にわかれています。

5 まとめ

以上,基礎収入の考え方を簡単に語ってみましたが,基礎収入額をいくらにするかによって,逸失利益の金額は大きく変わってくることから,争いになることが多いところです。また,例えば,高齢者でかつ家事従事者の場合,家事従事者で捉えた方が,全年齢の平均賃金となることから有利となることもあります。逸失利益を請求する場合,当然,金額が高ければ高い方がいいでしょうから,基礎収入額をどのように捉え,いくらと設定するか,弁護士とよく相談をしましょう。

その他のコラム

交通事故の過失割合はどのようにして決まるのか?

過失割合とは。 交通事故は、様々な原因で発生しますが、加害者と被害者の双方に過失がある場合が極めて多く、加害者側に100パーセント責任があるという場合はごく少数といえます。 双方に過失がある場合、交通事故が発生したことに対する責任の割合を決める必要がありますが、これが過失割合と言われるものです。   どのように決まるのか。 過失割合は、交通事故の発生態様ごとに異なりますが、基本的には、公益財団法人日弁連交通...

交通事故の統計データと事故を防ぐためには

1 交通事故の統計データ 警察庁のホームページでは,交通事故に関する統計データが公表されています。 https://www.npa.go.jp/publications/statistics/koutsuu/toukeihyo.html 2 最新の交通事故の統計データ(令和元年度)と死者数 年次データについては,本コラムを書いている令和2年10月26日時点での最新データは令和元年(2019年)のものになります。 ...

裁判官も悩む,高次脳機能障害の等級認定について

1 高次脳機能障害は外部から分かりにくい 交通事故によって脳が損傷すると,認知や言語,情動・人格などの能力である「高次脳機能」に障害が生じ,「うまく言葉にできない」,「なかなか覚えられない」,「怒りっぽくなる」等,さまざまな症状が出ることがあります。これらを総称したのが「高次脳機能障害」です。 高次脳機能障害になった場合の障害等級は,1級,2級,3級,5級,7級,9級に分類されます。このうち,5級,7級,9級の基準は,...

後遺障害の認定の流れ

1 後遺障害にはどんなものがあるのか? 後遺障害と一言で言ってもなかなかイメージがつかみにくいものですよね。後遺障害には重いものから,局部に神経症状を残すものや酷い傷跡を残すものなど様々なものがあります。(※後遺障害の種類については,後遺障害の種類の分類をご参照ください。)ひょっとして,後遺障害かも!?と思ったら早めに弁護士に相談することをお勧めします。   2 後遺障害認定の流れ まずは、治療が大切です...

示談をするメリット!

1 示談とは 交通事故によって被害者の方に損害が生じた場合には、加害者側から示談の提案がされることがあります。示談の対象となる損害とは、怪我などの身体に関する損害と、車両が壊れた場合などの物に関する損害のどちらも対象となります。 示談とは、一般的に、裁判になる前に加害者側と被害者側のお互いの譲り合いによって事件を解決する合意のことを意味します。つまり、お互いが納得して初めて合意が成立するものですから、あくまで強制力のない「...

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら