川崎で交通事故に強い弁護士への相談 | 川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

自動車が事故で損壊した場合の修理費用について

1 自動車が破損した場合,どのような費用を請求できる?

交通事故に遭い,乗車していた自動車やバイクが破損してしまった場合,どのような請求ができるのでしょうか。修理費用や評価損,休車損害等,様々な請求をすることができますが,ここでは,修理費用について取り上げることとします。なお,レンタカー代も請求できる場合がありますが,その点については,過去のコラムをご参照ください。

2 修理費用

車両が破損してしまった場合に,真っ先に挙げられる項目は,修理費用だと思います。ここで,修理費用について,修理工場でかかった費用が全額払ってもらえると考えている方もいらっしゃると思いますが,正確には異なります。

まず,損傷した車両を修理するにあたって,保険会社としても,その損傷がその事故によって生じたものなのか,どのような修理方法がいいのか,どの程度が適正な修理費用なのか等について検討する必要があるので,アジャスターと言われる専門の業者に調査を行わせることとしております。ここで,被害者の方が,修理前にアジャスターを入れずに勝手に修理をしてしまうと,保険会社としては,その修理が適正なものであったか判断することができず,後に保険会社から適正な修理費用を払ってもらえなくなる可能性があるので,注意が必要です。また,仮にアジャスターを入れていたとしても,修理費用が高額になりすぎてしまった場合,その費用も全額支払われるとは限りません。なぜかというと,修理費用が事故当時の車両の時価を超えてしまった場合は,経済的に修理不能(専門的な用語で『経済的全損』といいます。)として判断され,車両の時価の範囲でしか修理代を払ってもらえないことになるからです。そして,車両の時価は,特段の事情がない限り,事故当時の車両と同一の車種・年式・型,同程度の使用状態・走行距離等の車両を中古車市場において取得するに要する価格をいい,一般的には,オートガイド社自動車価格月報(『レッドブック』といいます。)や,中古車価格ガイドブック(『イエローブック』といいます。)等を参照して,決められることが多いため,車両の時価が被害者の方の想像よりも低い価格にしかならないことも起こってしまいます。よって,車両が破損したからといって,その修理費を満額支払ってもらえるわけではないことにご注意ください。

3 おわりに

以上のように,ご自身の車両が破損したからといって,必ずしも全額修理費を払ってもらえるわけではございません。自動車が破損した場合には,事前に弁護士と相談することをお勧めします。

その他のコラム

どのような場合に弁護士に依頼するといいの?弁護士に依頼するときのポイントとは?

はじめに 交通事故で怪我をした場合には、誰に言われなくても、治療のためにまず病院に通うと思います。そして、治療費のことで加害者側の保険会社の担当者と連絡をとって手続を進めることになるでしょう。お互いに怪我をしなかった場合には、通院や治療費の支払いの問題は出てきませんが、車両の修理費用に関するやりとりを加害者側の保険会社を通じて行うことが一般的です。このような大まかな流れについては、多くの交通事故のケースでは同じでしょう。 ...

自動車が破損した場合,修理費用以外に,どのような費用を請求できる?(評価損について)

1 自動車が破損した場合,修理費用以外に,どのような費用を請求できる? 以前のコラムにおいて,自動車が破損した場合に請求できるものとして,修理費用やレンタカー代を取り上げましたが,今回のコラムでは,評価損を扱います。   2 評価損とは 交通事故に遭い,修理可能な程度に破損したため,修理をしたとしても,どうしても外観や機能に欠陥が残ってしまったり,欠陥が残らなかったとしても,事故歴や修理歴があるということ...

後遺障害の認定の流れ

1 後遺障害にはどんなものがあるのか? 後遺障害と一言で言ってもなかなかイメージがつかみにくいものですよね。後遺障害には重いものから,局部に神経症状を残すものや酷い傷跡を残すものなど様々なものがあります。(※後遺障害の種類については,後遺障害の種類の分類をご参照ください。)ひょっとして,後遺障害かも!?と思ったら早めに弁護士に相談することをお勧めします。   2 後遺障害認定の流れ まずは、治療が大切です...

車両損害の落とし穴

1 はじめに 交通事故により,車両が損傷を受けた場合,その損害額はいくらでしょうか?  実は,ここにはいくつかの落とし穴があるんです。 2 修理が可能な場合 原則として,修理費が損害額となることは言うまでもありません。 3 全損の場合   では,車両が修理不可能なほど大破してしまった場合はどうでしょうか? この場合,車両の時価が損害額となります。修理不可能なほど大破してしまった場合を「全損」と言いますが,全損には,...

あなたが運転していなかったのに賠償額が減額される!?「被害者側の過失」・「好意同乗減額」って何?

1 あなたが運転していなかったのに賠償額が減額される!? 交通事故の場合,交通事故の加害者が一方的に悪いというケースは少なく,被害者にも一定程度の過失がある場合がほとんどです。この場合,「過失相殺」といって,あなたが受けた損害の賠償額の一部が減額されることになります(民法722条2項)。 運転をしていた自分にも悪いところがあって減額されるのは納得しやすいでしょうが,あなたが運転していなくても賠償額が減額される場合がある...

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら