川崎で交通事故に強い弁護士への相談 | 川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

被害者から民事訴訟で訴えられたら?

交通事故で主に加害者になったとき,被害者から民事訴訟で訴えられることがあります。

民事訴訟は,原告(訴える人)が裁判所に「訴状」という書面を提出することによって始まります。
裁判所が訴状を受け付けると,被告に送達されます。通常は,特別な郵便で配達され,A4サイズの紙が入る大きめの封筒に入ってくることが多いです。
保険会社に交渉を任せているケースでも,裁判所からの送達は被告本人に送られます。
(最近は,架空請求の一類型として,裁判所の名前を騙って手紙やハガキが送られてくるパターンもありますのでご注意ください。)

民事訴訟は,訴状に記載された原告の請求や主張に根拠があるかどうかを,被告の認否や反論を踏まえながら,裁判官が証拠によって認定し,根拠がある場合には判決で「被告は原告に対し金○○万円を支払え」などという命令を行う手続です。
刑事裁判と違って,訴えられた側(被告)が逮捕されたり,懲役刑などを受けることはありませんが,裁判所の呼び出しに応じないままだと自動的に原告の言い分がそのまま認められて全面敗訴になるので注意が必要です。
判決に素直に従わなければ,強制執行といって,財産を差し押さえられて強制的に回収されてしまうこともあります。いずれにせよ裁判所から訴状が送られてきたらすぐに弁護士に相談された方がよいでしょう。

その他のコラム

交通事故の過失割合はどのようにして決まるのか?

過失割合とは。 交通事故は、様々な原因で発生しますが、加害者と被害者の双方に過失がある場合が極めて多く、加害者側に100パーセント責任があるという場合はごく少数といえます。 双方に過失がある場合、交通事故が発生したことに対する責任の割合を決める必要がありますが、これが過失割合と言われるものです。   どのように決まるのか。 過失割合は、交通事故の発生態様ごとに異なりますが、基本的には、公益財団法人日弁連交通...

交通事故に遭って車が使えなくなりました。レンタカー代って支払ってもらえるんですか?

1 レンタカー代は支払ってもらえる? 交通事故に遭ってしまい,その時乗車していた自動車が破損してしまった場合,レンタカー(代車)を使わざるを得ないときがあります。事前に保険会社がレンタカー代を出すことを約束してくれた場合は,問題はありませんが,保険会社がレンタカー代を出すことを約束してくれない場合,自前でレンタカーを準備し,保険会社と交渉しなければいけません。 その場合,どうしたらレンタカー代を保険会社が支払ってくれる...

交通事故の統計データと事故を防ぐためには

1 交通事故の統計データ 警察庁のホームページでは,交通事故に関する統計データが公表されています。 https://www.npa.go.jp/publications/statistics/koutsuu/toukeihyo.html 2 最新の交通事故の統計データ(令和元年度)と死者数 年次データについては,本コラムを書いている令和2年10月26日時点での最新データは令和元年(2019年)のものになります。 ...

新型コロナと交通事故

昨年(令和2年)から収束の気配が見えない新型コロナウイルスで,世界全体が心身ともに疲弊しているところです。経済にも大ダメージを与え続けており,有効的なワクチンの開発などによって感染症の恐怖を克服できても,しばらくは影響が残りそうです。 そのような暗い雰囲気が蔓延する中,日本全国での昨年の交通事故死者数が,過去最少の2839人であったという,やや気持ちの安らぐニュースを見ました。まだ3000人近い犠牲者が出ていることは大変痛ま...

社長でも休業損害は請求できるの?猿でもよく分かる役員の休業損害について

1.休業損害とは? 交通事故に遭ってしまい,治療が終わるまで仕事ができなくなった結果,給料が減ってしまった場合,その差額を加害者に請求できるのでしょうか。 この減ってしまった給料のことを「休業損害」といい,実務上,加害者にこの損害分を請求することができるとされています。 サラリーマンが事故に遭ってしまった場合,勤務先から発行してもらう休業損害証明書や源泉徴収票を基に支払われなかった給料分を算定し,加害者に対して請求をして...

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら