川崎で交通事故に強い弁護士への相談 | 川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

新型コロナと交通事故

昨年(令和2年)から収束の気配が見えない新型コロナウイルスで,世界全体が心身ともに疲弊しているところです。経済にも大ダメージを与え続けており,有効的なワクチンの開発などによって感染症の恐怖を克服できても,しばらくは影響が残りそうです。
そのような暗い雰囲気が蔓延する中,日本全国での昨年の交通事故死者数が,過去最少の2839人であったという,やや気持ちの安らぐニュースを見ました。まだ3000人近い犠牲者が出ていることは大変痛ましいことですが,「昨年より減った」「年々減っている」「過去最少」ということそのものはよい傾向だと思われます。
減少の理由は様々であると思われますが,緊急事態宣言などによる外出自粛も少なからず影響していると思われます。
交通手段としての自動車の利用は,電車・バスなどの公共交通機関と異なって密を避けることができるので,感染症対策としても有効です。
私自身昨年来,電車・バスでの通勤を控え,自家用車での通勤を心がけています。
他方で,東京都では,昨年(令和2年)の交通事故死者数が155人で20人あまり増えているそうです。原因として挙げられているのは,交通量が減少したことにともなう速度増加です。
車両の運動エネルギーは速度の二乗に比例するので,速度を少し上げただけでも衝突時の衝撃は大きく跳ね上がってしまうおそれがあります。また,飛び出しなど急な事態への対応も難しくなります。交通量が少なくとも,制限速度を始めとする交通ルールの遵守を徹底しましょう

その他のコラム

後遺障害等級を獲得するためのポイント

1 後遺障害等級とは? 交通事故の被害に遭った場合には様々な怪我を負います。もちろん、怪我を治療するためにまずは治療に専念していただいて、治療の結果として完治することが一番です。しかし、残念ながら、治療に専念したにもかかわらず怪我が完治せず、後遺症が残ってしまうケースも多々あります。このように、十分な治療を行った結果、それでも残ってしまう後遺症の種類や程度に応じて認定されるのが「後遺障害等級」です。 例えば、骨が変更し...

交通事故の統計データと事故を防ぐためには

1 交通事故の統計データ 警察庁のホームページでは,交通事故に関する統計データが公表されています。 https://www.npa.go.jp/publications/statistics/koutsuu/toukeihyo.html 2 最新の交通事故の統計データ(令和元年度)と死者数 年次データについては,本コラムを書いている令和2年10月26日時点での最新データは令和元年(2019年)のものになります。 ...

示談をするメリット!

1 示談とは 交通事故によって被害者の方に損害が生じた場合には、加害者側から示談の提案がされることがあります。示談の対象となる損害とは、怪我などの身体に関する損害と、車両が壊れた場合などの物に関する損害のどちらも対象となります。 示談とは、一般的に、裁判になる前に加害者側と被害者側のお互いの譲り合いによって事件を解決する合意のことを意味します。つまり、お互いが納得して初めて合意が成立するものですから、あくまで強制力のない「...

頚椎(腰椎)捻挫における整骨院(接骨院)通院の注意点

はじめに 交通事故により、頚椎(腰椎)捻挫と診断された被害者が、整形外科と同時並行的に整骨院へ通院するケースが、実務上しばしば見受けられます。そのような場合の基礎知識や注意点を説明します。 整骨院とは まず大前提として、整骨院は、病院ではありません。整骨院で受けることができるのは、医師の治療ではなく柔道整復師などによるマッサージなどの物理療法・施術になります。そのため、診断書も作成されません。 整骨院のメリット 整骨...

社長でも休業損害は請求できるの?猿でもよく分かる役員の休業損害について

1.休業損害とは? 交通事故に遭ってしまい,治療が終わるまで仕事ができなくなった結果,給料が減ってしまった場合,その差額を加害者に請求できるのでしょうか。 この減ってしまった給料のことを「休業損害」といい,実務上,加害者にこの損害分を請求することができるとされています。 サラリーマンが事故に遭ってしまった場合,勤務先から発行してもらう休業損害証明書や源泉徴収票を基に支払われなかった給料分を算定し,加害者に対して請求をして...

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら