川崎で交通事故に強い弁護士への相談 | 川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

自動車が破損した場合,修理費用以外に,どのような費用を請求できる?(評価損について)

1 自動車が破損した場合,修理費用以外に,どのような費用を請求できる?

以前のコラムにおいて,自動車が破損した場合に請求できるものとして,修理費用やレンタカー代を取り上げましたが,今回のコラムでは,評価損を扱います。

 

2 評価損とは

交通事故に遭い,修理可能な程度に破損したため,修理をしたとしても,どうしても外観や機能に欠陥が残ってしまったり,欠陥が残らなかったとしても,事故歴や修理歴があるということで,自動車の評価額が下落してしまうことがあります。この自動車の価格の減少を「評価損」といいます。

 

3 評価損の具体的内容

よって,評価損とは,①技術上の評価損と,②取引上の評価損の2つに分類することができます。

技術上の評価損については,欠陥が残存する以上,自動車の評価が低下したことが明らかなので,評価損が認められやすいです。

一方で,取引上の評価損については,評価損が明らかになる時点が,事故時ではなく自動車の売却時であるという理由で,損害が現実化していないとして,否定的な見解があります。しかし,現実の中古市場の傾向に着目し,肯定的な見解も存在するため,実務上では,一般論として取引上の評価損を認め,その金額については具体的な事情に従って判断することとなります。

少なくとも,新しい高級車は評価損が認められる傾向が強く,古い大衆車は評価損が認められない傾向にあります。

 

4 評価損の算定方法

次に,評価損が認められたとして,どのように金額を算定することになるでしょうか。

様々な算定方法があり,事故時の時価から修理時の時価の差額を損害とするもの,事故当時の自動車の何パーセントとするもの,修理費用の何パーセントとするもの等ありますが,実務においては,修理費用の一定割合とする方法が採られることが多いです。

その算定にあたっては,損傷の部位,事故車両の車種,走行距離,初年度登録からの期間等を考慮して定められることになりますが,裁判例においては,修理費用の1割から5割を評価損として認定するものが多いようです。

 

5 おわりに

以上のように,ご自身の車両が破損したとしても,評価損がどの程度発生するかは明確に決まるわけではございません。自動車が破損した場合には,事前に弁護士と相談することをお勧めします。

その他のコラム

妊娠中に交通事故に遭ったときに気を付けること

1 はじめに もし,あなたが妊娠中に交通事故に遭った時は、あなた自身のこと以上に,お腹の中の赤ちゃんのことが心配ですよね。以下,そのような場合にどんなことに気を付けるべきかをアドバイスしていきます。 2 事故直後の対応 (1)警察への通報! まずは,必ず110番通報して下さい。これは,事故の程度がどんなに軽くてでもです。 交通事故の場合,事故直後には体に何の異常がなくても,事故から数日後にあなた自身や赤ちゃんに何...

入院付添費って何?どういう場合にもらえるの?

第1 入院付添費とは 入院付添費とは,入院期間中に近親者が付き添った場合に,その補償として支払われる費用です。   第2 どのような場合に認められるか 医師の指示があれば原則として認められます。 医師の指示がない場合でも,受傷の部位,程度,被害者の年齢等により,付添の必要が認められることがあります。 この点,病院の完全看護を理由に否定する判例もありますが,行き届かない点を近親者が補助したりする...

慰謝料ってどうやって決まる?普通より増額してもらえる場合とは(慰謝料増額事由)?

慰謝料とは まずそもそも慰謝料とはどのようなものかについてですが、被った精神的被害に対する損害賠償であり、その本質は、損害の填補と言われています。 これはどういうことかといいますと、損害について十分かつ詳細な証明がなされてはいないものの、相応の損害があったことは確かであるとの立証ができたものについて、これが評価されて「慰謝料」という項目の中に事実上組み込まれて判断されることがあるとされています。 慰謝料算定の際の考慮事由...

交通事故の過失割合はどのようにして決まるのか?

過失割合とは。 交通事故は、様々な原因で発生しますが、加害者と被害者の双方に過失がある場合が極めて多く、加害者側に100パーセント責任があるという場合はごく少数といえます。 双方に過失がある場合、交通事故が発生したことに対する責任の割合を決める必要がありますが、これが過失割合と言われるものです。   どのように決まるのか。 過失割合は、交通事故の発生態様ごとに異なりますが、基本的には、公益財団法人日弁連交通...

頚椎(腰椎)捻挫における整骨院(接骨院)通院の注意点

はじめに 交通事故により、頚椎(腰椎)捻挫と診断された被害者が、整形外科と同時並行的に整骨院へ通院するケースが、実務上しばしば見受けられます。そのような場合の基礎知識や注意点を説明します。 整骨院とは まず大前提として、整骨院は、病院ではありません。整骨院で受けることができるのは、医師の治療ではなく柔道整復師などによるマッサージなどの物理療法・施術になります。そのため、診断書も作成されません。 整骨院のメリット 整骨...

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら