川崎で交通事故に強い弁護士への相談 | 川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

自動車が破損した場合,修理費用以外に,どのような費用を請求できる?(休車損害について)

1 自動車が破損した場合,修理費用以外に,どのような費用を請求できる?

以前のコラムにおいて,自動車が破損した場合に請求できるものとして,修理費用レンタカー代評価損を取り上げましたが,今回のコラムでは,休車損害を扱います。

 

2 休車損害とは

休車損害とは,交通事故により営業用車両が損傷を受けて稼働できなくなった場合,修理や買い替えに必要な期間は事業に用いることができなくなるため,その期間稼働していれば得られたであろう営業利益の喪失分を指します。よって,その期間にレンタカーを用いることができた場合,休車損害は発生しないことになります。

 

3 休車損害の算定

休車損害は,

(1日あたりの営業収入―変動経費)×休車日数

という計算式で算出されますが,この計算において注意が必要な点がいくつかあります。

まず,車両を保有して事業を営んでいる者が,事故車両と同種の車両を複数台保有している場合,そのうちの1台が交通事故に遭って使用できなくなってしまったとしても,他の車両に代えることで休業損害の発生を回避することができる場合があります。このように,いわゆる遊休車が存在している場合,交通事故で車両が使用できなくなったとしても,休業損害が発生しない場合もあり得ます

また,営業収入から経費を差し引くことで休車損害を算定することになりますが,その経費も,車両を使用しなくなって支出を免れた経費に限られます。つまり,車両の減価償却費や自動車保険料等の固定経費は,休車期間中も発生するものであるため控除することができません。よって,控除の対象となる経費は,燃料費や修繕費といった,車両の稼働に応じて発生する経費に限られます。

 

4 おわりに

以上のように,営業用の車両が使用できなくなった場合,休車損害を請求できる可能性はありますが,具体的な事情によって,その金額が大きく増減する可能性があります。 営業用の車両が破損した場合には,事前に弁護士と相談することをお勧めします

その他のコラム

自賠責保険において,被害者と労災とどちらが優先されるか【平成30年9月27日最高裁判例紹介】

1 労働者災害補償保険(労災)について 交通事故の被害が,労働者が,業務上・通勤上受けた負傷・疾病・障害又は死亡の場合には,労働者災害補償保険法により,労災給付がなされます。業務上・通勤上,交通事故の被害に遭われた方は,まずは,労災の申請をしましょう。 2 自動車損害賠償責任保険(自賠責)について しかし,労災で支払われる金額は,実損ではなく,法律で一定金額と定められています。そのため,労災だけでは,損害の全てが賄われず...

後遺障害の認定の流れ

1 後遺障害にはどんなものがあるのか? 後遺障害と一言で言ってもなかなかイメージがつかみにくいものですよね。後遺障害には重いものから,局部に神経症状を残すものや酷い傷跡を残すものなど様々なものがあります。(※後遺障害の種類については,後遺障害の種類の分類をご参照ください。)ひょっとして,後遺障害かも!?と思ったら早めに弁護士に相談することをお勧めします。   2 後遺障害認定の流れ まずは、治療が大切です...

勘違いしてはいけない!専業主婦でも逸失利益は認められます。

第1 逸失利益とは   交通事故における「逸失利益」とは,   交通事故がなければ将来得られたであろう利益を指します。   判例上,主婦の方にも逸失利益が認められるということは確定しています (最判昭和49.7.19)。   具体的には,   「家事労働に属する多くの労働は,   労働社会におい...

新型コロナと交通事故

昨年(令和2年)から収束の気配が見えない新型コロナウイルスで,世界全体が心身ともに疲弊しているところです。経済にも大ダメージを与え続けており,有効的なワクチンの開発などによって感染症の恐怖を克服できても,しばらくは影響が残りそうです。 そのような暗い雰囲気が蔓延する中,日本全国での昨年の交通事故死者数が,過去最少の2839人であったという,やや気持ちの安らぐニュースを見ました。まだ3000人近い犠牲者が出ていることは大変痛ま...

被害者から民事訴訟で訴えられたら?

交通事故で主に加害者になったとき,被害者から民事訴訟で訴えられることがあります。 民事訴訟は,原告(訴える人)が裁判所に「訴状」という書面を提出することによって始まります。 裁判所が訴状を受け付けると,被告に送達されます。通常は,特別な郵便で配達され,A4サイズの紙が入る大きめの封筒に入ってくることが多いです。 保険会社に交渉を任せているケースでも,裁判所からの送達は被告本人に送られます。 (最近は,架空請求の一類...

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら