川崎で交通事故に強い弁護士への相談 | 川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

1.弁護士に依頼するメリット

①面倒な保険会社とのやりとりから解放される

交通事故に遭われた方は、けがをされて入院したり、通常の生活や仕事に多大なストレスを強いられてしまうことが多いです。
また、保険会社との交渉により、さらにストレスを強いられ、逃げ出したい気持ちになることもあるでしょう。(保険会社としては、被害者に支払う賠償金は少なければ少ないほど良いので、保険会社の判断基準で早期解決を求めてきます)
実際問題としまして、保険会社は交通事故に関し、専門的な知識や経験を有しているため、保険会社と対等に交渉することはほとんど不可能です。
ひどい場合は、早く治療を終了させたい保険会社が高圧的な態度に出てくることすらあり得ます。

弁護士に依頼すると
  • このような面倒な保険会社とのやりとりから解放されます。
  • 保険会社と対等な交渉を進められるのです。

 

②適切な治療計画を立てられる

当然ですが、治療が長引けば長引くだけ、治療費、入院費の支払いは膨らんでいきます。
少しでも賠償金を少なくしたい保険会社としては、被害者がこれ以上通院しないよう、症状固定として治療費の打ち切るなどと言って圧力をかけてくることがあります。
「保険会社からそう言われたらそうなのかもしれない・・・」と、被害者はこれ以上通院することはできないと思い込んでしまう危険があります。

通院頻度はどれくらいがよいのか、整骨院・接骨院へ通ってもよいのかなど、治療を受けるにあたって被害者が分からないことは少なくありません。

弁護士に依頼すると

適切な通院頻度や通院期間を知ることができ、整骨院・接骨院での施術を安心して受けることもできるなど、適切な治療計画を立てることができるのです。
 

③適正な賠償金を受けられる

「交通事故のプロである保険会社なんだから適切な賠償金を提示してくるだろう」
そうお考えの方もおられるかもしれません。
しかし実際には、保険会社は、加害者の味方なので、被害者に支払う賠償金が少なければ少ないほどよいという立場なのです。
保険会社は加害者の代理です。
被害者の味方ではありません。

賠償金を計算する際に使用する基準は複数あります。
この中で、賠償額が最も高額になる「裁判基準」を保険会社が使うことはありません。
さらに、後遺障害等級が認められると賠償金が増えますが、少しでも賠償金を減らしたい立場の保険会社が後遺障害等級の認定申請書類をしっかりチェックしてくれると思いますか?

前提としまして、被害者と保険会社との間には、圧倒的な知識や経験の差が存在します。

交通事故に強い弁護士に依頼すると

適切な後遺障害等級の認定手続きを行い、保険会社と対等に交渉を進めて,適正な賠償金を受けることができるのです。

2.弁護士に相談するタイミング

「交通事故に遭ったが、落ち着いてから弁護士に相談しようと思う」このように考える方が多くおられます。
しかし、適正な賠償額を得るためには、早期の段階から適切に証拠を確保しておく必要があります。
このように考えると、弁護士に相談するタイミングは、「事故直後から」将来に向けて計画的な方針を決めていく必要があることがご理解いただけるはずです。

不幸にも交通事故の被害に遭ったときは少しでも早く弁護士へ相談するのが良いです。
川崎ひかり事務所は,事故直後から解決まで、被害者をしっかりサポートいたします。

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら