川崎で交通事故に強い弁護士への相談 | 川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

事故発生から解決までの流れ

1.警察へ人身事故として届け出する

お怪我をされているにもかかわらず物損事故として届出をしてしまうと、実況見分調書などの資料が作成されず、あとで裁判になった場合に必要となる証拠が不足し、自分に不利になってしまう可能性があります。
事故直後に加害者が全面的な過失を認めていても、後から保険会社が争ってくることは往々にしてあります。大げさにしたくない、加害者が処分されてかわいそうなどと思った結果でも、そうしたことによる不利益を受けるのは被害者なのです。
事故に遭ったら、速やかに警察へ人身事故の届出を出しましょう。

2.実況見分に立ち会う

人身事故の届出がされると、警察は事故の状況を実況見分調書に記載します。実況見分調書とは、交通事故の現場で、どのような事故が発生したのかを図や文章で記録化したものをいいます。被害者の立会いがない場合、加害者の一方的な説明だけで実況見分調書が作成されてしまいます。後々の裁判を見据えて、事故の状況をしっかりと反映した実況見分調書を作成しましょう。
「警察で話をした際の資料(供述調書)があるから大丈夫」と考える方がおられますが、自分の記憶通りの供述調書が作成されるとは限りませんし、供述調書は取り寄せができない場合もあります。
実況見分に立ち会って、ご自身の言い分を実況見分調書に記載してもらいましょう。

3.川崎ひかり法律事務所へ相談に行く

適正な賠償額を得るためには、早期から適切に証拠を確保しておく必要があります。事故直後から、将来に向けて計画的な方針を決めていく必要があるのです。
法律事務所によっては「治療が終わってから相談に来てください」と言われることもあるようです。しかし、それでは計画的に進めることができませんし、保険会社とのやりとりなどに手間をとられ、被害者が治療に専念することができません。まずは、弊所にお越しいただき、今後の計画的な方針を決めましょう。
川崎ひかり法律事務所では、事故直後から解決まで、被害者をしっかりサポートいたします。

4.治療を受ける

適切な治療を受けることは、ご自身のお怪我を治すために大事であるのはもちろん、適正な後遺障害等級や賠償額を得るためにも非常に重要です。また、接骨院(整骨院)での施術も、適切な手続きをとることで問題なく受けることができます。特に、しっかりと通院をしないと通院慰謝料の点で自分に不利な結果となるおそれもあります。
川崎ひかり法律事務所では、適切な治療を受けられるようアドバイスいたします。

5.治療終了(治癒、症状固定)

適切な治療を受け、事故による症状が完全に回復(治癒)すればよいのですが、症状が残っているものの、あまり回復しない場合(症状固定)も多くみられます。また、保険会社は、早期に治療を終了させようと、治療費の支払いを打ち切ることもあります。
被害者は、「症状固定の時期をどう判断すればよいか分からない。」、「保険会社から治療費を打ち切られたけどまだ通院したい。」などの悩みを抱えることとなります。
川崎ひかり法律事務所では、適切な時期まで治療を受けられるようアドバイスいたします。

6.後遺障害等級認定を受ける

症状固定となった場合、その後遺症(後遺障害)について等級認定を受けます。この後遺障害等級認定の結果によって、慰謝料や逸失利益の金額が決まりますので、とても重要なものといえます。もっとも、書類審査が原則ですので、後遺障害診断書などの資料が重要となります。また、認定結果が十分でない場合は、異議申立てを行うこととなります。
等級認定手続きを保険会社へ任せることもできますが、保険会社は適正な認定を受けられるよう助言してくれるわけではありませんし、異議申立てに消極的です。
川崎ひかり法律事務所では、適正な認定を受けられるようアドバイスするとともに、認定手続きや異議申立てを被害者に代わって行います。

7.示談交渉

後遺障害等級認定を受けたあと、保険会社と賠償額の交渉を行います。
しかし、保険会社は、裁判所の基準(裁判基準)より低い自社の基準(任意保険基準)に従った金額を提示してくるのがほとんどで、被害者本人が交渉しても裁判基準に合わせてくれません。
川崎ひかり法律事務所では、豊富な経験を有する弁護士が、適正な賠償額を獲得するため、徹底交渉いたします。

8.裁判

示談交渉がまとまらないときは、裁判で解決することになります。
弁護士に依頼している場合、裁判には弁護士があなたの代わりに行くため、原則としてあなたが裁判所に行く必要はありません(証人尋問を行う場合は除きます。)ので、被害者本人のお手間はかなり軽くなります。ただ、示談による解決と比べて、メリットとデメリットがあることも事実です。
川崎ひかり法律事務所では、裁判のメリットとデメリットをしっかりご説明し、裁判所に言い分が認められるようしっかり主張いたします。

9.解決

示談書の作成や判決の取得、賠償額の受け取りを行い、事件の解決となります。
このように事故発生から解決するまでは、様々な問題が発生します。川崎ひかり法律事務所では、豊富な経験を有する弁護士が、適正な賠償額を獲得するため、交通事故の被害者を徹底的にサポートいたします。是非、お気軽にご相談ください。

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら